HOME > SCHEDULE

◉ファンデーション・コース

2020年度 東京会場

日程:

1月26日(日)、2月16日(日)、3月15日(日)、4月19日(日)
5月17(日)、6月21(日)、7月19日(日)、8月23日(日)
9月13日(日)、10月18日(日)

時間

10:00〜16:00

募集人数・締め切り

募集人数:16名(最低人数6名)
締め切り :1月18日迄

※募集人数に達した場合、締め切りを待たずに受付を終了いたします。
※申込が6名に満たない場合、開催を見合わせることがございます。

 受講資格・受講費

コース詳細に準じます 詳しくはこちら

会場(二会場で開催のため決まり次第ご案内します)

埼玉県鴻巣市文化センター「クレアこうのす」
住所・・・埼玉県鴻巣市中央29−1
埼玉県北本市文化センター
住所・・・埼玉県北本市本町1−2−1

 お申込み

申込みフォームに必要事項をご記入の上、申込みください。
お申込みはこちら

2020年度 関西会場

日程:

1月19日(日)、2月9日(日)、3月8日(日)、4月12日(日)、5月10日(日)
6月14日(日)、7月12日(日)、8月16日(日)、9月27日(日)、10月11日(日) 

時間

10:00〜16:00

募集人数・締め切り

募集人数:16名(最低人数6名)
締め切り :1月11日迄

※募集人数に達した場合、締め切りを待たずに受付を終了いたします。
※申込が6名に満たない場合、開催を見合わせることがございます。
※募集人数に達した場合、締め切りを待たずに受付を終了いたします。

 受講資格・受講費の支払い

コース詳細に準じます 詳しくはこちら

会場

兵庫県尼崎市周辺

 お申込み

申込みフォームに必要事項をご記入の上、申込みください。
お申込みはこちら


◉アプライドコース・オープンセミナー

東京会場

内容

2020年1月からのFoundation course 開催に伴い、クラシカルオステオパシーに触れていただくクラスを開催します。

クラシカルオステオパシーは「生理学」を重視したオステオパシーです。生理学とはいわば生命活動そのものと言えます。
様々なテクニックは全て物理的な刺激であり、それが患者さんの身体の中でどのように生理学的なプロセスを起こしているのでしょう。
そして、身体の呼吸器、循環器、泌尿器などのシステムは患者さんの訴えるいろいろな症状との繋がりを理解する事で臨床家として自信を持って施術できるようになるでしょう。

今回のクラスは会員の先生方と一緒にクラシカルオステオパシーのベースとなる生理学と身体力学の関係を見ながらBody Adjustment を体験して頂きたいと思います。

1日だけですが、参加された方のヒントになれば良いと思います。
皆さんの参加をお待ちしています!

日時

11月17(日)10:00〜16:00 ※昼休憩1時間を含む

 受講費

会員・・・10000円 非会員・・・20000円

会場

山川整形外科
〒332-0016 埼玉県川口市幸町2-8-38 幸町医療ビル

 お申込み

申込みフォームに必要事項をご記入の上、申込みください。
お申込みはこちら

講師

小倉 健嗣(日本クラシカルオステオパシー協会代表)


◉国際セミナー

「2020 Workshop」

2017年以来3度目となるクリス・キャンベルDOのワークショップが開催されます。2017年に開催した際には受講生より高い評価を得ており、今回のワークショップにおいても参加される皆様には大変満足して頂けると思っております。また、今回はエクストラ・セミナーとしてJACO MICO会員向けのセミナーも同時開催いたします。オールド・オステオパスの人柄、知識、技術に是非触れてみてください。

 
 

講師紹介

Chris CampbelL,D.O

故J.ワーナムDOと長い時間仕事を共にし初代ICOの会長を務め、Osteopathy for Children(UK)にも携わる。また、故J.ワーナムDOと共に”クラシカル・オステオパシー”の名付け親でもある。現在はThe Littlejhon center所長を務めながらウクライナ等でも講義をし、JACOアドバイザーの役職も務める。
J.M.リトルジョン研究の第一人者。
 
 
 
 
 
 

講義内容

今回のワークショップでは座学では、身体力学、アーチの力学、オステオパシーセンターについて、実技ではTBA、四肢のテクニックを学びます。
 

日時

2020年3月20日(金)〜22日(日)
 

受講資格

JACO会員
オステオパシー他団体
 

募集人数・締め切り

募集人数:20名迄
締め切り :2月末日まで 

※募集人数に達した場合、締め切りを待たずに受付を終了いたします。

 

 受講費

JACO会員:130,000円(税込)
オステオパシー他団体:160,000円(税込)

 

【振込先】
三井住友銀行
塚口支店 普通預金 
口座番号 4502458
日本クラシカルオステオパシー協会 代表小倉健嗣
 

会場

尼崎中小企業センター 
兵庫県尼崎市昭和通2丁目6−68 尼崎中小企業センターHP

 

 お申込み

申込みフォームに必要事項をご記入の上、申込みください。
お申込みはこちら


[2020 Work Shop]

 講師紹介


キャロライン・ストーン. D.O.(Hons), MSc (Ost), MEd, MClinEd
 
キャロラインは内臓マニピュレーション 、内臓オステオパシー、オステオパシー医学、 および母親と赤ん坊のケアでとても経験豊かです。オステオパシーが痛み、複数の外傷と 関係する問題、複雑な痛み、腹部骨盤痛の筋膜的要素、および術後癒着症状にどのように 役立つかを探求することに彼女は非常に興味があります。キャロラインは、英国および海 外でコースと講義を行い、多数の国際学会で講演、書籍や記事を出版し、研究、根拠に基 づいた実践、職業の開発に強い関心を持っています。彼女はさまざまな国でオステオパ シーの規制に関与し、英国のさまざまなオステオパシー機関で学長、副学長、およびクリ ニックの責任者を務め、教育、医学評価および学習のための資格を有しています。彼女は 経験豊富な鑑定人であり、オステオパシーの実践、技術、資格認定のさまざまなプロジェ クトを定期的に率いています。
 
 
日本人学生へのメッセージ:
私はこのような機会を与えてもらい、とても嬉しく思っています。今回のクラスでは、あ なた方がオステオパスとして、女性の健康に対するより包括的アプローチを発展していけ るように、私の見解を共有していきます。今回は、相互に関連する三つのシリーズの講義 /プログラムのグループの一つである、最初の4日間の講義を行う予定です。
この最初のシリーズは「女性との旅」と呼ばれています。
 

コース内容

女性を人として、そして患者として、オステオパシーの観点から4日間の講義で見ていき ます。毎日個別のテーマがあり、検討すべき概念、評価方法、および症例の考慮事項を紹 介します。
女性へのアプローチと、女性が経験している、または対処しようとしている問題に対して 枠組みを作ることが重要です。患者が「内科疾患」を示している際に従う「プロトコル」 のリストを持つことには臨床的利益がないため、健全と障害の概念を検討することは重要 です。女性が手助けと手引きを必要としている時、彼女たちの解剖学、生理学、感情的観 点および生活面など、多くの側面が症状とそれにどう反応するかに影響を及ぼしているこ とも考慮されなければなりません。
このシリーズでは、生涯にわたる女性と少女の変化の相互関係と知覚を紹介し、彼女たち のシステムにどのようなサポートが必要なのか洞察を得るために、組織と体の領域を調べ る方法を紹介します。
組織の検査しかできないため、「治療テクニック」はありません。組織の反応に基づい て、検査を治療に適合させることができます。したがって、さまざまな病状または損傷が 存在する場合に発生する組織反応の変化を理解することが重要であり、これもコースで検 討していきます。
これらの4日間は、女性、出産、産科、および生涯における産婦人科機能への完全なアプ ローチではありませんが、後のシリーズでさらに深く掘り下げることができる概要を提供 します。
事前知識ー以前に内臓へのアプローチ方法を学んだことがあるかもしれませんが、「内臓 の問題」が「内臓オステオパシー」によって扱われるというアプローチは行いません。し ばしば内臓マニピュレーションと互換性があると誤って使用されますが、そうではありま せん。内臓病変のある患者にアプローチする際には、患者のケアに3次元および生理学的 アプローチをとる必要があり、非常に多くの「内臓」テクニックが優先順位のリストの一 番下にあります。なぜなら、患者の疼痛域値(呼吸と迷走神経)、動き(股関節と脚・ 足)、または身体イメージと自己の状態(マインドフルネス、バイオフィードバックテク ニック、コミュニケーションベースの戦略)を見ていく必要があるからです。実際、臓器 に対する直接的アプローチは病理学的に禁忌である可能性があるため、「あらゆる角度か ら」アプローチできる必要があります。
私が教えるテクニックのタイプ/スタイルについても議論する必要があります。これらに は、「臓器システムの不随意メカニズム」のような内臓の「自動運動」は含まれません。 自動運動は蠕動のみを意味し、交換可能な用語であってはなりません。私は、「自動運 動」スタイルの内臓アプローチが私の仕事に関連しているとは考えていませんし、それら を支持しません。臓器の筋膜の「傾聴」も教えません。これは非常に誤りやすく、複数の 手術、解剖学的構造の除去、置換、変形、追加、そして癒着がある場合には関係がないた めです。このような「ラベル付け」を仮説的で「理想的な」解剖学に基づき行っていくこ とは現実的ではなく、多くの場合、適切な臨床評価の障壁となります。
最初の4日間のシリーズでは、女性の健康に関するさまざまな「問題」の概要を説明しま すが、さらに重要なのは、これらの要因が女性に与える影響についての洞察を提供するこ とです。毎日、理論と実践があり、根拠と事例逸話によって裏付けられています。質問を する機会も沢山あり、実際にすぐに実践で適用できるものを学べるでしょう。今回のクラ スでも学んでいきますが、複雑な泌尿生殖器の症例と障害は、オステオパシー管理の観点 から女性をサポートするために多くの要因を考慮する必要があるため、この最初のシリー ズでは完全に探求することはできません。より深く、より広い範囲で要因を探求し、より 高い感度、識別と微細さでトピックを再訪できるようにします。
 

毎日の内容:

1日目:全体的な生涯における女性の健全、内分泌、および一般的体腔相互関係の問題。
生涯にわたる解剖学ー臓器動態の変化、ホルモンサイクルー組織、骨、生殖への影響。女 性であることー免疫、生理機能、および「役割」の変化ー女性の地位および社会的地位の 認識の変化、ならびに健康認識との関係。時間の経過に伴う解剖および自己認識の変化、 ボディイメージ、空間認識、および出産経験による追加される視点。根拠の要約、理論お よび実技。
 
2日目:骨盤内の泌尿生殖器系と性器直腸の相互関係、骨盤機能と軟部組織のバイオメカ ニクス。
骨盤構造の正常な軟部組織のダイナミクス、神経支配、循環、解剖学的関係を復習。検査 ルーチンと評価の相互関係。外部テクニック。通常の変動性を調べ、通常の変化を考慮す る。不妊と受胎問題に触れる。根拠の要約、理論および実技。
 
3日目:婦人科に焦点を当てた骨盤内臓の病態生理
 
4日目:閉経期、高齢女性の問題、乳房ケア/術後の問題。
 

日時

2020年4月16日(木)〜19日(日)
 

受講資格

JACO会員
オステオパシー他団体
 

募集人数・締め切り

募集人数:20名迄
締め切り :3月末日まで 

※募集人数に達した場合、締め切りを待たずに受付を終了いたします。

 

 受講費

JACO会員:160,000円(税込)
一般参加者:200,000円(税込)
 
【振込先】
三井住友銀行
塚口支店 普通預金 
口座番号 4502458
日本クラシカルオステオパシー協会 代表小倉健嗣
 

会場

尼崎市中小企業センター
兵庫県尼崎市昭和通2丁目6−68 尼崎市中小企業センターHP

 

 お申込み

申込みフォームに必要事項をご記入の上、申込みください。
お申込みはこちら