HOME > SCHEDULE

◉ファンデーション・コース

2019年度 東京会場

日程:

1月20日(日)、2月17日(日)、3月10日(日)、4月14日(日)
5月19(日)、6月9(日)、7月7日(日)、8月18日(日)
9月15日(日)、10月20日(日)

時間

10:00〜16:00

募集人数・締め切り

募集人数:16名(最低人数6名)
締め切り :1月12日迄

※募集人数に達した場合、締め切りを待たずに受付を終了いたします。
※申込が6名に満たない場合、開催を見合わせることがございます。

 受講資格・受講費

コース詳細に準じます 詳しくはこちら

会場

山川整形外科
〒332-0016 埼玉県川口市幸町2-8-38 幸町医療ビル

 お申込み

申込みフォームに必要事項をご記入の上、申込みください。
お申込みはこちら

◉アプライド・コース

現在調整中です。お待ちください。


◉国際セミナー

「2019 Workshop」

講師紹介

Christian Fossum,D.O


 
 
 
オステオパスであり、研究者としてもヨーロピアン・スクール・オブ・オステオパシー(UK)副学長、カークスビル・オステオパシー医科大学(USA)にて研究・教育に携わる。現在はクリスチニア大学健康科学部(NO)准教授。世界の大学院、カンファレンスで多くの講義を行い、沢山の論文や執筆を行う。
 
 
 

このコースは、効率的な診療と様々な訴えを持つ患者に対応することに興味のあるオステオパスにお勧めです。このコースでは、オステオパシーを実践するための治療プロトコールとテクニックを含めた、知識と臨床スキルを発展させ、高めることができるよう構成されています。

内容

筋膜・結合組織の連続へのオステオパシー的アプローチ
Christian Fossum, D.O.
Caroline K. Fjeldstrøm, BSc, DO
 

筋膜は人体の中で最も全体に広がっている組織で、全ての部位を繋げて連動している。それゆえに、体の全てのシステムに触れている唯一の組織が筋膜である。筋膜には様々な機械的、生理的そして機械情報伝達機能が備わっている。それらは局所の組織の恒常性と体の機能を統一するために大切で、筋膜を理解することにより個人の全体を理解するための生物学的基礎を提供してくれる。筋膜はまた、殆どの病気の過程で影響を受ける「基質系」の主な部分であり、治癒の過程にも大きな役割を担っている。この中心が細胞外基質(ECM)とその調整機能である。細胞外基質は体全ての細胞外腔に広がっていて、全ての細胞に伸びていて常に一様に反応する。A.T. Stillはこれを健全を調整するための解剖学的貯蔵庫として表し、機能不全と病気に対する哲学的そして実践的な考えにおいて重要視していた。また細胞外基質は神経血管通路の最終で、内分泌系と毛細血管を通して繋がり、細胞外基質内の末梢自律神経終末を通して中枢神経に繋がり、体全体の調整機能に関わっている。
 
本コースでは、オステオパシー的筋膜、筋筋膜、そして筋膜靭帯アプローチを通して、健康と動きへの筋膜の臨床的理解と実践を紹介していく。また機能解剖学、生理学、生化学、神経反射、バイオメカニカルな観点を通して、オステオパシーのセオリーと方法における筋膜と結合組織の歴史的内容と現代の解釈も組み合わせていく。健全と機能不全の両方で筋膜が緊張場として体を統一する中心軸になること、そしてこれをどのようにオステオパシーの実践で用いていけば良いかの理解が深まるだろう。健全と病気において、この組織が担っていると予想される役割の理解を、筋膜の解剖と生理の画像を用いながら詳細を説明していく。
 
パワーポイントを用いて筋膜に関する重要な内容を学んでいくセオリーと、テクニックを紹介し、実際に練習することで筋膜を探求し臨床的に統合していく実践の二つをこのコースでは行う。
 

コース概要

1.AT Stillの書物における筋膜:哲学的、実践的、近代科学的内容
2.初期のオステオパシー実践における筋膜:Kaufmann, Neidner, Cathie, Zink
3.結合組織の組織学
4.筋膜と結合組織の機能
5.機能不全と構造と液をサポートする全身の3D粘弾性基質
6.生理学単位としての筋膜:機械的、液的、神経的概念
7.リズムの概念としての筋膜:細胞外基質の力学
8.筋膜機能不全による可能性のある影響
9.筋膜機能不全の評価方法
10.筋膜系の治療方法とテクニック
11.臨床問題解消のための筋膜統合
12.各部位の筋膜応用解剖学、評価と治療
             1.頭頚部
             2.胸郭
             3.腰腹骨盤部
             4.下肢
             5.上肢
13.質疑応答
 

日時

2019年3月21日(木.祝)〜24日(日)
 

受講資格

JACO会員
オステオパシー他団体
 

募集人数・締め切り

募集人数:25名迄
締め切り :2019年3月14日 

※募集人数に達した場合、締め切りを待たずに受付を終了いたします。

 

 受講費

JACO会員:160,000円(税込)
一般参加者:180,000円(税込)
 
【振込先】
三井住友銀行
塚口支店 普通預金 
口座番号 4502458
日本クラシカルオステオパシー協会 代表小倉健嗣
 

会場

尼崎市中小企業センター501号室
兵庫県尼崎市昭和通2丁目6−68 尼崎市中小企業センターHP

 

 お申込み

申込みフォームに必要事項をご記入の上、申込みください。
お申込みはこちら